サービス案内

施設サービス計画書(ケアプラン)に織り込まれるサービスについて

1.介護保険給付対象サービス(ご利用者様がサービス利用料金の1割又は2割負担)

以下のサービスについては、利用料金のうち9割又は8割が介護保険から給付され、残り1割又は2割がご契約者様負担となります。ご契約者様の収入等により、減額を受けられる場合もありますので、ご相談下さい。

入浴 原則個室浴室にて週2回以上入浴します。
寝たきりの状態になられても機械浴槽を使用して入浴する事ができます。
身体の状況等により入浴できない時は、清拭を行います。
排泄 排泄の自立を促すため、ご契約者様の身体能力を最大限活用した援助を行います。
機能訓練 機能訓練指導員により、ご契約者様の心身等の状況に応じて、日常生活を送るのに必要な機能の回復又はその減退を防止する為の訓練を実施します。
健康管理
  • 医師や看護職員が、健康管理を行います。
  • 食事が美味しく摂取できる様、歯科医師と連携し口腔ケアを行います。
その他自立への支援
  • 寝たきり防止の為、出来る限り離床に配慮します。
  • 生活のリズムを考え、毎朝夕の着替えを行う様配慮します。
  • 清潔で快適な生活が送れるよう、適切な整容が行なわれる様援助します。

2.介護保険給付対象外サービス(ご利用者様が全額負担)

以下のサービスは、利用料金の全額がご契約者様の負担となります。

1.居室の提供

当施設では、栄養士(管理栄養士)の立てる献立表により、栄養並びにご契約者様の身体の状況及び嗜好を考慮した食事を提供します。

ご契約者様の自立支援のため離床して食事を摂って頂く事を原則としています。

(食事時間)
朝食: 7:30〜 8:30
昼食:12:00〜13:00
夕食:18:00〜19:00

2.理髪・美容

理容師の出張による理髪サービス(調髪、顔剃)をご利用頂けます。
利用料金:理髪業者指定料金(別紙利用料金表参照)

3.貴重品の管理

ご契約者様の希望により、預かり品規定に基づき貴重品管理サービスをご利用頂けます。詳細は、以下の通りです。

保管管理者 管理責任者及び生活相談員
お預かりするもの 各種保険証等の証書類

※日常生活上必要となる物品購入については、ご持参が難しい場合には、当院売店より購入し、その清算は利用請求書に含め個人預貯金通帳から、介護サービス費等と合わせて一括して引き落としさせて頂きます。

レクリエーション、余暇活動

ご契約者様の希望によりレクリエーションや余暇活動に参加して頂く事ができます。
利用料金:材料代等の実費を頂きます。

○レクリエーション
毎月行う集団的な催し物です。

○余暇活動
書道、茶道、華道、ちぎり絵など(材料代等の実費を頂きます。)

複写物の交付

ご契約者様は、サービス提供についての記録をいつでも閲覧できますが、複写物を必要とする場合には実費をご負担頂きます。(別紙料金表参照)

日常生活上必要となる諸費用実費

日常生活品の購入代金等ご契約者様の日常生活に要する費用で、ご契約者様に負担頂く事が適当であるものにかかる費用を負担頂きます。詳細は、別紙日常生活品費・教養娯楽費請求書にてご確認下さい。なお、おむつ代等は介護保険給付対象となっていますのでご負担の必要はありません。